博麗霊夢 完成しました!!

スポンサードリンク

やっとです、やっと完成しました、博麗霊夢。

Dmdhr2

通常製作日数の倍掛かりました。
辛かったぁ、辛い作業の連続でした。

Dmdhr3

その最中で、PCも壊れて…
モチベーションを保つのが大変でした。

でも、完成に近づくにつれて、
そう、瞳が入って表情が分かるようになると、
暑い中でも集中力が回復し、作業がはかどるようになり、
無事、完成することができました。

Dmdhr4

PCが壊れてしまい、
作業途中の画像データも無くなってしまったので、
ほんの少しの作業画像と完成画像をお見せしながら、
作業を振り返りたいと思います。

Dmdhr5

まずは仮組みです。
各部を確認しながらしっかり行った方がいいですね。
スカートのフリルや袖と腕との関係など、組立の時に、合わない!!
とならないためにも、納得いくまでやった方がいいと思います。

あと、下駄の鼻緒には0.3mm真鍮線を内蔵して、
強度を上げました。

Dmdhr6

下地処理は気泡との戦いでした。
この業者さんには本当に泣かされます。
WSCでは別の業者さんというか海外?
かもしれませんので、問題無いかもしれませんね。

あと、上着と袖は、塗装後、接着、再塗装をしないといけないので、
パーツの合わさる部分は、きっちり調整しておいた方がいいと思います。

Dmdhr7

そして塗装です。

肌はいつもの、サフレスフレッシュブレンドです。
注文していた、ピンクのみのセットが、
ガイアノーツさんから届いたので本当に助かりました。
これで、ストックが確保できたので、残りを気にせず吹けます。

Dmdhr8

衣装のフリルやスカートのインナーなどの白の部分は、
GXホワイトをベースにして、ラクスで使った、
ピンクパープルをシャドー色として使用しました。

赤い部分は、GXレッドをベースに、
原色マゼンダやホワイト等をブレンドしたものを吹いてます。

髪は髪色セットの栗色をベースにブレンドしたものを吹きました。

Dmdhr9

で、問題の接着再塗装です。

袖は、内側を白のハイライトとシャドーを吹き、
マスキングして赤の紐の部分(点線)を吹き、
クリアーでコーティングしておきます。

乾燥したら、接着して合わせ目を消し、再塗装です。

次が大変です。上着のベストです。
ここは、上半身が入るので、
上半身を瞳まですべて仕上げておく必要があります。
艶の調整まで終えたら、しっかりマスキングして、
上半身を左右のベストパーツではさみ込み、
接着して合わせ目消し再塗装です。

Dmdhr14
(接着部分のサンディング途中)

とにかく、上半身とベストがかなりタイトで、
マスキングするのが大変です。
でも、ここでミスして肌を汚してしまったりすると、
今までの苦労が水の泡なので、
マスキングはより慎重に行った方がいいでしょう。
ちなみに私の場合、ベスト前方は「生地の合わせ目がある」
と独自に解釈して合わせ目を残す方向で取り付けました。
なので、後ろだけ接着再塗装をしてます。

Dmdhr10

作業が前後しますが、瞳の彩色です。
資料が少ないので、完成見本と松倉ねむさんのHPにある、
イラストの瞳を参考に彩色しました。
今回はエナメルの塗ってはクリアーを繰り返す、
レイヤー方式で彩色してます。
ハイライトだけは発色優先でリキテックスを使ってます。

すべての塗装が終わったら、艶の調整です。
肌が艶消しで、髪が艶消し寄りの半光沢。
衣装は半光沢で、下駄が光沢です。

Dmdhr11

そして最後の作業、組立です。
組み立てにあたって、ベースを先に用意するんですが、
完成見本にあったアクリルでできていると思われる、
家紋のベースは無理だなぁ~と思ったので、
木製ベースに印刷したステッカーで再現することにしました。

Dmdhr13
あと、左手にあるお札は付属してませんので、
完成見本を見ながらフリーハンドで書いて、
和紙調の柄の紙に印刷したものを用意しました。

組み立ては、仮組みをしっかり行っていれば、
特に難しいところはないと思います。
ただ、左の袖は上を向いているので、
エポキシ系をたっぷり使い、
しっかり接着して固定した方が良いと思います。

Dmdhr12

そして!そして!
ベースに固定したら、完成!!!!!
本当に完成したのか…はぁ~ふぅ~
一気に脱力モードです。

作業中は何度も挫折しそうになりましたが、
完成できて、本当に本当にうれしいです!!

Dmdhr15

そして完成してあらためて思い知らされました。
ポージングといい表情といい…
やはり素晴らしい造形です。
めちゃめちゃ苦労しましたが、
これを見ちゃうと、やっぱり忘れちゃいますね。
人気があるのが良くわかりました。

Dmdhr16
(サービスカット☆)

入手困難だったこの作品も、
WSCに選出されたことで、入手しやすくなりましたので、
ぜひぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょう。
多少苦労はしますけどね。

スポンサードリンク

| | コメント (4)
|