ケルベセイバー 完成!!

スポンサードリンク

撮影も完了してすべての工程終了です。

おもな製作については、前回書きましたので、
早速、完成画像に行きたいと思います☆

Cp1sb12

Cp1sb13

Cp1sb14

Cp1sb15

Cp1sb16

Cp1sb17

Cp1sb18

Cp1sb19

Cp1sb20

Cp1sb21

Cp1sb22

Cp1sb23

Cp1sb24

Cp1sb25

Cp1sb26

Cp1sb27

Cp1sb28

Cp1sb29

Cp1sb30

Cp1sb31

Cp1sb32

Cp1sb33

Cp1sb34

Cp1sb35

Cp1sb37

Cp1sb38

Cp1sb36_2
鎧の胸当てを外した状態

Cp1sb39
ブラウスパーツを外した状態(^^♪
良い子は見ないでね☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました☆

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ケルベセイバー 作業工程終了

スポンサードリンク

製作開始から、更新がかなりあいてしまいましたが、
作業は地道に進めておりました。

そして本日、無事完成することができたんですが、
しかし、作業には通常の倍の日数が掛かってしまいました(^^ゞ
はぁ~もうフラフラだったりします。

それでは、完成までの工程です。

下地処理を終え、パーツを洗浄したら、
マルチプライマーとスーパークリアーで下地を整えます。
肌以外には、その上にファンデーションホワイトを吹き、
表面チェックしながら下地を作ります。

塗装は、いつものように肌から吹いていきます。
もちろん、サフレスフレッシュのオリジナルブレンドです。

次にスカート等の白の部分を吹き、
ドレスの青い部分を吹いていきます。
青色はウルトラブルーをベースに
シャドーとハイライト色を作って吹きました。

Cp1sb8

鎧のシルバー部分は重厚感を出すために、
今回もフォーミュラークロームです。
下地の黒をエッジや影の部分には残し気味で吹いてます。

髪はセイバーでは当工房定番となりました、
ヘアメイクセットを使ってます。
とは言っても、セットにこの色はないので、
ベースだけ使って、あとはオリジナルです。
パールで輝く髪、いいですよね。

そして、ここからが地獄でした。
塗り分けをするためにマスキング作業。
なんと2日間も費やしてしまいました。
カリバーンの細かい作業と、
スカートの縁にある多数の金の楕円部分、
そして金のラインなどなど…いやぁ~参りました。
Cp1sb10

その他では、鎧の胸当ての柄。
手書きでなんとかクリアーしました。
書いた後、クリアーでコーティングしてあります。
Cp1sb9

その他、墨入れ等細部の彩色をしたら、艶の調整です。

艶の方は、肌がつや消しで、
ドレスと髪が光沢寄りの半光沢。
鎧が光沢です。

塗装が乾燥したら、組み立てです。

パーツが多いので順番を間違えないよう、
慎重に組み立てていきました。

いちおう、キャストオフできるようになってます。
鎧⇒ブラウス⇒胸☆

そして、ベースに立たせたら、完成でーす!!

Cp1sb11

時間が掛かっただけに、嬉しさも倍増ですね。
凛々しいセイバーができたんじゃないかなぁ~なんて思います。

撮影は明日行いたいと思うので、
完成画像のアップは明日になります。

それからそれから、ケルベロスプロジェクトさんのセイバーには、
ver.2もあるんですが、そちらも近々製作予定だったりします(^^♪

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ケルベセイバー 製作開始

ケルベロスプロジェクトさんのセイバー製作開始です。

パーツ数が比較的多いので、
仮組みは念入りに行います。

スカート部分の合わせ方が大変そうです。

袴はウエストとの合わせも微調整が必要なので、
思い切ってウエストに接着しました。
Cp1sb2

Cp1sb3
ウエスト部分との一体感もでて、
強度も補えると思います。

そして、インナースカートのパーツを
袴に合わせて微調整していきます。

Cp1sb4

Cp1sb5
腰の鎧はかなり細い部分で固定するので、
強度を高めるため、縦横に真鍮線を埋めて、補強してます。

Cp1sb6

Cp1sb7
胸のキャストオフを可能にするため、
胸の鎧の保持を高めるため、
プラバンで保持パーツを作りました。

と、こんな感じに作業を進めてます。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

Cerberus Project セイバー

Cerberus Project Fate/stay night セイバー
Cp1sb1
原型製作:French doll 氏 パーツ数:35個

2005年にリリースされた、
ケルベロスプロジェクトさんの『セイバー』です。

その当時、かなり人気があり、のちに「eb craft」さんから、
PVC完成品としてもリリースされました。
完成品も予約開始と同時に完売で、
海賊版がかなり横行したことからも、人気がうかがえます。

そんなキットなので、やっぱり「作ってみたい!」と思い、
念願叶って、入手することができました☆

ではでは、パーツの方見ていきたいと思います。

いつも思うんですが、ケルベさんのパーツは綺麗ですね。
ひとつひとつの造形がシャープで、まるでプラモデルのようです。

抜きの状態も良好で、安心感がありますね。
業者さんは海外でしょうかね?

カリバーンの造形も素晴らしいです!!
こんな彫刻、どうやって表現されるんでしょう。
すごいです!!

胸の部分は2段階のキャストオフになってます。

細部にわたり丁寧に造形されていて、
カッコいいセイバーに仕上げられてます。
パーツが多少多いので難しそうですが、
整形不良や気泡等の修正に時間を割かれないので、
製作に集中できる素晴らしいキットです。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

セイバーメイドver.完成

スポンサードリンク

撮影も終了して、すべての工程が終わりました。
完成してあらためて、このキットの素晴らしさを実感しました。

ではでは、塗装から完成までの工程を少し触れて、
完成画像へと行きたいと思います。

まずは塗装です。

肌はいつものサフレスフレッシュベースのオリジナルブレンドです。

メイド服等のフリルやエプロン部分はホワイトにシャドーを吹いて、
その上に軽くパールを吹いてみました。
艶を調整したせいもあり、パールの効果は…あまりでてませんね。

メイド服の黒の部分。ここは苦労しましたね。
せっかくのシワの表現を、黒一色で吹いてしまうのは、
非常にもったいないと思い、陰影をだすよう心がけました。
黒のハイライトを出すのは私的に難しかったりしますが、
その黒のハイライトを出すために、
調色したハイライト色をクリアーで溶いて、
色目を見ながら何度も吹き重ねて、目的の色にしていきました。
シャドー部分は、Exブラックに少量のクリアーを混ぜて、
こちらも丁寧に吹き重ねました。

髪は、ガイアノーツのヘアメイクセットを使用しました。
ベースのパールホワイトはそのまま吹いてますが、
シャドーとハイライトは付属のカラーをベースに、
調色したものを吹いてます。

こちらも、何度も吹き重ねながら、
目的の色目に持っていくという手間の掛かる作業でした(^^ゞ
ただ、苦労した分、パールベースの
キラキラした髪の色が表現できるので、
その甲斐はありますね。
あと、後ろのリボンですが、
髪に負けないよう、メタリックブルーを使って、
キラキラさせてます。

あとは、モップの棒は付属のアルミ棒を、
コンパウンドで磨き、ポリマーコートして使いました。

そして、瞳です。
完成見本では右側に視線がありますが、
前を見据えているのもかっこいいんじゃないかな、
と思い、視線を前方にしました。

視線を正面にすると、両目の視点を合わせるのが難しく、
正直苦手だったりしますが、イラスト集等を見ながら、
時間をかけて作業しました。

瞳の輪郭以外はクリアー系で彩色しているので、
上側の暗い色にするのはかなり大変でした。
見た目は黒に見えますが、クリアーブルーと
クリアーグリーン他を調色した色を
何度も何度も重ねてこの色にしました。

ハイライトは輪郭を描いて白の部分は、
キャスト地を利用しました。
あと分かりずらいですが、
瞳の中心に淡くグリーンに透けるような
ハイライトを入れてますが…
光が当たらないと分からないです…ね(ρ_;)

ちなみに瞳の形状は完成見本ではなく、
設定画に近い感じで仕上げてます。

マニキュアとルージュは、
レッドパールをクリアーで溶いたもの使いました。

艶の調整ですが、
靴が光沢、メイド服、ストッキングが半光沢。
肌がつや消しで、髪が半光沢寄りの光沢です。

次に組み立てです。
パーツの数が多いのと、
左右対称な感じのパーツがあるので、
ダボでどちらか分かりますが、
いきなり接着せず、各部仮組みしてから、
接着した方が間違いなく組み立てられると思います。

下半身と上半身のジョイントはポリキャップ内蔵なので、
とってもスムーズです☆
スカートを外しての状態も再現可能です。

そして、ベースに立たせたら、完成です!!

「PVCに負けない!」をコンセプトに、
作業を開始しましたが、
自分なりにこだわりって持って作業できたので、
目標は達成できたんじゃないかな、と思います。
というか、勝ち負けじゃないですよね。

冒頭にも言いましたが、
とにかくキットの完成度の高さに驚かされました。
また作りたくなる作品です。

あらら、少しと言いましたが、
かなり長文になってしまいました(^^ゞ
それでは、お待たせしました、完成画像です。

Mmsb8

Mmsb9

Mmsb10

Mmsb11

Mmsb13

Mmsb12

Mmsb14

Mmsb15

Mmsb16

Mmsb17

Mmsb18

Mmsb19

Mmsb20

Mmsb21

Mmsb22

Mmsb23

Mmsb24

Mmsb25

Mmsb26

最後までご覧頂きまして、
ありがとうございました!!m(__)m

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

セイバーメイドver.製作工程終了

セイバー、なんとか完成することができました。

塗装も、塗り分けはないのですが、
グラデのかけ具合とか結構大変でした。

瞳も視線を変えてあります。
これも時間が掛かりましたね。

組み立てはパーツが多い分、
簡単ではないですが、
仮組みをきちんとしていれば問題無いでしょう。

Mmsb6
Aパーツ、Bパーツ、コアファイター的な感じの図。

Mmsb7
そしてドッキング後。

撮影は明日行いたいと思うので、
完成画像は明日アップします。
その時にもう少し詳しく書きたいと思います。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

セイバーメイドver. 製作中

セイバーメイド、製作中です。

インプレでも書きましたが、抜きの状態が良くて助かります。

このセイバーメイドはPVC完成品にもなっているので、
「PVCに負けない!」をコンセプトに作業してます。

各部で異なる形状のダボなのおかげもあり、
仮組み&軸打ちは楽でした。

せっかくの素晴らしいパンツの造形なので、
スカートを取り外せるようにしてみました。

Mmsb3

着脱をスムーズにするため、
胴体にポリキャップを内蔵しました。

Mmsb4

ウエスト部分の合わせ目をエポパテにて修正。
おへそも追加しました。

下地処理が終わったら塗装開始です。

今回からプライマーを変更です。
なぜか…スーパーマルチの在庫が切れました(ρ_;)
あんなに使いやすかったのに廃番なんて…悲しい。

私が次に選んだのが、フィニッシャーズの「マルチプライマー」です。
スプレータイプではないですが、使ってみてなかなかよさげです。
食いつきも今のところ問題無し。
これからは良き相棒として活躍してくれることと思います。

そして、マルチプライマーを吹いた上には、
同じくフィニッシャーズの「オートクリアー」を吹いて、
下地を整えました。

Mmsb5

彩色の方は、髪にガイアの
ヘアメイクセットを使用したりしながら、
とにかくPVCに負けないように頑張ってます。

なんとか今週中に完成させたいなぁ~。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ミリメートルモデリング セイバーメイドver.

ミリメートルモデリング
Fate/hollow ataraxia セイバー メイドver.
Mmsb1
原型製作:倉本 育馬 氏 パーツ数:37個
Mmsb2

ミリメートルモデリングさんのロングセラー
『セイバーメイドver.』です。
PVC化されてもその人気は衰えません。

そんな素晴らしい作品を作らないわけにはいかないですよね。

みなさんご存知のキットなので、
あらためてコメントすることも無いとは思いますが、
私的にはドキドキしながら見ていこうと思います。

まずは、パーツがかなり細かく分割されているのに驚きました。
塗り分けを最小限にするよう考えられてますね。

パーツの合わせ目にあるダボも左右で形状が違っており、
間違いのないよう配慮されてます。

各部の造形も繊細ですね。
しわの表現なんかも細かいし、パンツのフリルなんかも素敵☆

そして抜きの状態ですが…もう、完璧です!!
どのパーツの抜きも最高ですが、とくに各フリルの部分。
この部分の抜きが悪いパーツを何度となく見てますが、
バリも少なく綺麗な抜き具合、くぅ~っ素晴らしい!!
今まで作ってきた中で一番ではないでしょうか!!
何という抜き業者さんなのか知りたくなりました。

造形、パーツ分割、抜き、どれをとっても完璧で、
製作する側のことを第一に考えられたキットです。
こんな素晴らしいキットにであえて、本当に幸せです。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|