寧々さん 瞳修正

一度はアップしたポリゴニアさんの
「姉ヶ崎 寧々」ですが、

完成画像を見ていると、
なんか納得がいかなくなり、

たぶんラブプラスキャラの
フィギュア製作は今回で最後かなぁ~
という思いもあったので、

思い切って修正することにしました。

いったん完成させたものを修正するのは、
リスクを伴いますが、しっかりマスキングして、
そのへんをケアし、修正開始です。

修正に使う塗料は造形村「リキテックス」です。

リキテックスは発色がよく、
重ね塗りができるので、
グラデーションも表現しやすかったりするんですが、
乾燥が早いのと、エナメルのような
容易なリカバリーがしにくかったりなので、
いつもはエナメルオンリーで瞳を描いてます。

ただ、今回は修正なので、
リキテックスの隠ぺい力は心強いです。

スポンサードリンク

寧々さんの瞳は、
イラストによってパープル系に見えたり、
ブルー系に見えたり、ブラウン系に見えたりと、
なかなか悩ましい色ですね。

修正前はイラストを参考に、
ブラウン系に振って彩色しましたが…
完成して思う…なんか違う…
作業していたときには気付かないなんて、
まだまだダメです。

色はイラスト集を見ながら、
白、青、赤、紫、を少量ずつ混ぜて、
イラストの色に合わせて行きました。

瞳に色を乗せるときは超緊張です。

すこしずつ色合いを見ながら乗せて行きました。
やっぱり発色がいいですね。

瞳の縁とハイライト以外は、
色を修正しました。

仕上がったところで、アクリルクリアーを
たっぷり乗せたら完成です。

Polygonene5

なんとか思った感じにできたと思います。

やっぱりリキテックスの色はいいですね。
もっと練習して慣れたいと思います。

なお、完成画像は、
修正後に置き換えました。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

polygonia 姉ヶ崎寧々

polygonia ラブプラス 姉ヶ崎 寧々
Polnene1

Polnene2
原型製作:ぽりご 氏

ポリゴニアさんの寧々さんです。
ディーラーさんのHPで拝見して、
ひと目で惚れてしまった作品です。

まず、キットのほうですが、
腕と頭部以外、ボディは一体化されたパーツです。

ボディの造形は素晴らしいですね☆
流石です!!

パーツの抜けもすこぶる良好で、
気泡ひとつありません。
なにより、
ホワイトレジンなのがうれしいですね。

ワンピースがクリアーパーツなので、
いろいろとイメージがふくらむところですが…

ホワイトレジンとの質の違いに驚きました。

せっかくのクリアーパーツが、
気泡でいっぱいでした。

胸のところもいっぱいで…

ホワイトとクリアーでは、
複製したところが違うのでしょうか。

ちょっと残念ですね。

製作のほうでは、
ワンピースの着脱させることと、
頭部と左腕を一体化させることを、
念頭に作業に入りました。

まず、ボディですが、
右腕はワンピースを取り外すときに、
外さないといけないので、
ネオジム磁石で着脱可能にしました。

Polnene3

Polnene4

頭部は首の部分で分割されてますが、
完成後にも見えてしまう部分なので、
塗装や瞳を描くのが大変ですが、
あらかじめ首に取付け、
あごのラインから首にかけて、
なめらかになるように修正しました。

スポンサードリンク

Polnene24

塗装時の持ち手を
頭部につけなくてはならないので、
首と頭部の接合には2mm真鍮線と
1.2mm真鍮線2本で強度を確保しました。

Polnene9

同時に腕も一体化させます。

次に、後ろ髪パーツと、
後頭部に空間が多いように感じたので、
エポパテで埋めてあげました。
ちょっとした隙間も修正してます。

Polnene25

パンツですが、
やっぱりクイコミがほしいなぁ~
Polnene5
ということで追加してます。

Polnene6
しわの感じなんかもイメージしてっと。

Polnene7

Polnene26
あと、胸の突起もポチっと追加☆

つま先立ちのポージングなので、
ベースに立たせる軸がどうしても見えてしまいます。

スポンサードリンク

なので、そこを隠すためと、
立たせたときの安定のため、
ベースとのあいだに土台というか、
スペーサーを作りました。

Polnene10

足に当たる部分にはフェルトを貼って、
色移りの無いようにしてます。

そして、最大の難関クリアーパーツです。

まず、前後パーツを合わせてみたんですが…
ぜんぜん合いません。

前後ともにかなりゆがんでました。
説明書どおりお湯やドライヤーで修正しながら
合わせていったんですが、
少し熱が加わっただけで、
すぐにへにゃへにゃになってしまいます。

この感じどこかで…
桜前線さんのWSCキットの
クリアーパーツに感じが似てます。

気泡の多さといい、すごく似てました。

すぐにやわらかくなってしまうので、
あらかじめボディに合わせた上で、
熱を加えて修正していきました。

ただし、硬化後、ボディから外しておくと、
少しずつもとに戻ってしまいますね。
どうしても合わせ目に隙間ができてしまいます。

なかなかやっかいなパーツです。
なので一時はドールの衣装も考えたんですが、
なかなか良いのがないんですよね~

頭部をボディに取り付けた関係で、
ワンピースの肩ひもは、
このままでは取付けできません。

Polnene8

そこで、肩ひもの中心にネオジム磁石を取り付け、
金具のような雰囲気を出しながら、
取り外しできるようにしました。

下地処理が終わったら塗装です。

今回の肌はシャドーを強めに、
メリハリのある感じにしました。

ワンピースは気泡を隠すために、
ちょっぴり透けた感じにしてあります。
塗料にはパールの少々加えました。

シャドーの吹きが強かったようで、
淡いブルーになってしまいました(∩。∩;)ゞ

着脱時の色移りを考え、裏側は、
プライマー&クリアーで下地を作って、
着色はしてません。

細部では、瞳はデカールが付属してましたが、
手描きで描きました。
何度やっても難しいです。

艶の調整はすべてつや消しにしてます。

最後に組み立てなんですが、
ボディがほぼ一体化なので、
ほどなく完成します。

右腕は、着脱式なので、
合わせ目を隠すため、リボンを貼りました。
右腕だけでも良かったんですが、
バランスを見て左にも貼りました。

そして、ベースに立たせたら、完成でーす!!

ひと目惚れのキット。
自分なりには可愛くできたかなぁ~
と思いますが…

クリアーパーツは残念ですが、
とくかく素晴らしい造形に出会えて、
良かったなぁ~と思います。

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Polnene11 

Polnene12 

Polnene13 

Polnene14 

Polnene15 

Polnene16 

Polnene17 

Polnene18 

Polnene19

Polnene20

スポンサードリンク

 

Polnene21 

Polnene22 

Polnene23 

最後までご覧いただき、ありがとうございます☆

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

チェリーブロッサム ウェイトレスネネさん

チェリーブロッサム ラブプラス
ウェイトレスネネさん(姉ヶ崎寧々)
Cbwrsnene1

Cbwrsnene2
原型製作:桜坂美紀 氏

チェリーブロッサムさんの
WF2010冬新作「ウェイトレスネネさん」です。

チェリーブロッサムさんで、
姉ヶ崎寧々を担当されてたのは、
とりあさんでしたが、
今回は桜坂さんが担当されてます。

とりあさんの寧々さんは、
おとなっぽい感じでしてが、
桜坂さんの寧々さんは、
とってもかわゆぃ感じに仕上げられてます。

さて、キットのほうですが、
今回もカラーレジンキットとなっており、
瞳やロゴ、名札は、デカールが付属してます。

カラーの色分けは、
肌の部分がフレッシュ、
髪が茶色で、その他が白となってます。

今回はウェイトレスの衣装ですし、
塗り分けが発生するわけですから、
ホワイトレジン一色でもよかったのでは、
と個人的に思いました。

パーツの合いに関しては、
おおむね良好です。

パーツ表面の微細気泡が心配ですが、
冬に抜かれたパーツは、
夏よりも少ないようなので、
あまり気にはしてませんでした。

しかし…
予想に反して、
微細気泡があちらこちらに隠れてました(>_<)

この業者さんの特徴ですが、
エッジの部分、パーティングラインの部分には、
必ずと言っていいほど、微細気泡が隠れてます。

今回のキットでは、
頭部のてっぺん付近に大量にみられました。

それになんでこんなとこに、
なんてのもありますね。

なかなか改善はされないんですね…

さて、製作のほうでは、
髪のパーツを前後分割に変えました。

Cbwrsnene3

後ろ髪が左右に分割されていて、
頭部を挟み込んで組み立てるので、
合わせ目を消す場合、
お顔を塗装後に行わなければならず、
リスクが高くなるので、
左右のもみあげ部を後ろ髪パーツから切り出し、
前髪と一体にして、前後分割としました。

Cbwrsnene4

Cbwrsnene5

これで合わせ目を前もって消すことができました。
ただ、合わせ目が気にならない方には、
不必要な作業ですね(^^ゞ

しかし、回避できない部分がありました。
それは、スカートです。

Cbwrsnene6 

スカートは、両足を挟んで組み立てるようになっており、
両足、パンツをつやの調整までして組立て、
スカートの裏も塗装、つや消しを済ませて、
そして両足をスカート前後パーツで挟み込み組立て、
合わせ目を消して行きます。

Cbwrsnene7_2

とてもタイトなスカートなので、
マスキングも大変でした。

お顔は毎回本当に難しいです。
造形の参考にされたと思うイラストを見ながら、
少しずつ描いていきますが、
苦闘の連続ですね。

そのほか、各部塗り分けをして、
デカールを貼り、艶の調整をして完成です。

 

スポンサードリンク

 

ラブプラスのキット=カラーレジンの流れを作ったのは、
チェリーブロッサムさんからだと思います。

今回のキットは、塗り分けも多く、
カラーレジンのメリットは少ないと感じました。

肌の部分が白ではないので、
瞳の白眼部分を塗り分けたり、
サフレスの肌が表現できなかったりと、
個人的にはデメリットのほうが多いように思いました。

塗り分けの多いキットで、
カラーレジンでは表現しきれないキットに関しては、
通常レジンに切り替えて頂ければと…

とはいえ、チェリーブロッサムさんの造形は、
とても好きなので、カラーレジン仕様でも、
入手してしまうんですけどね(^^ゞ

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Cbwrsnene8

Cbwrsnene9

Cbwrsnene10

Cbwrsnene11

Cbwrsnene12

Cbwrsnene13

Cbwrsnene14

Cbwrsnene15

Cbwrsnene16

Cbwrsnene17

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ちぐさ☆りょ もふもふ愛花たん

ちぐさ☆りょ ラブプラス 
1/5 もふもふ愛花たん(高嶺愛花)

Chryomanaka1

Chryomanaka2
原型製作:ちぐさ☆りょ 氏

ちぐさ☆りょさんの『もふもふ愛花たん』です。

こちらのキットは、カラーレジン仕様で、
ニットのワンピースと瞳デカールが付属してます。

ニットのワンピースがアクセントとなんて、
さわやかな色気をかもしだす作品に仕上がってます。

カラーレジンにニットのワンピが付属、
と聞くと簡単に完成しそうですが…
複製が手流しということもあり、
一筋縄ではいかないキットでした。

はい、やはり気泡です。

Chryomanaka5

もちろん個体差はあると思いますが、
私の入手したキットは、
気泡のフルコースでした(>_<)

大中小、極小、さらにはスポンジ状と、
埋めるのが本当に大変でした。

パーツの合いも若干悪かったので、
各部エポパテで修正してます。

Chryomanaka7

Chryomanaka9

頭部と後ろ髪パーツですが、
耳との境目で肌の部分が広すぎるように思ったのと、
うなじが直線的に処理されてたので、
パテでギザギザにしてみました。

Chryomanaka3

ブラは、せっかくのニットワンピなので、
ニットワンピの胸の部分から、
うっすら『ツン♪』が見えるように、
ノーブラ仕様にしました。

Chryomanaka4

Chryomanaka6

パンツのクイコミは前方に延長して、
クイコミも強調してます☆

Chryomanaka8

製作時は、腕を着脱可能にして、
ニットワンピを取り外せるように考え、
腕にポリキャップを内蔵したんですが、
取付けの際、どうしても手の指が擦れて、
塗装剥離の危険性があるので、
着脱は早々に断念しました。

ただ、ポリキャップを内蔵したことで、
組立時の腕の取り付けがとても楽でした。

塗装ですが、
微細気泡が大量にあるので、
プライマーを吹いた後に、
肌はホワイトサフ、
髪をグレーサフで、
サフチェックして下地を整えました。

カラーキャストを作られた方なら
分かると思いますが、
黒色キャストはサンディングすると
表面が白くなり、
気泡やキズが見つけにくいんですよね。

だからグレーサフを吹いた時に、
こんなにキズや気泡があったのかと、
驚かされました。

肌の部分はさらに、
サフを肌色キャスト色に調色して吹いてます。

そして、ハイライトを立ち上げるように、
ハイライト色を吹いて陰影をつけていきました。
MAX塗りな感じですね。

パンツは白で、フリルとリボンの部分を
淡いピンクにしました。
もちろん淡く肌が透けたように塗装してます。
※前も透けさせてますが自主規制ということで(^^ゞ

 

 

スポンサードリンク

 

瞳は今回も大変でした。

デカールが付属してますが、
もちろん手描きです。

特徴的な瞳。
サイズも大きいですし、
正面の視線を合わせるのが、
難しんですよね。

今回も少し描いては
クリアーコートの繰り返しで仕上げました。

艶の調整は、
ポニーテールのリボンが光沢で、
その他はつや消しになります。

最後に組立です。

パーツ数は少ないので、
比較的簡単に思ったんですが…

ニットパーツは汚れてしまうため、
仮組み時は使用してないので、
腕の入り方を確かめられなかったんですが、
これがわきの部分が結構タイトで、
腕がなかなか入りません。

この時、腕にポリキャップを
内蔵しといて良かったなぁと思いました。

腕取り付けで、
接着剤がワンピに付いたりする
トラブルを防げますし、
しっかり固定できて微調整もできます。

そして、
すべてのパーツを組み立てたら完成です!!

いやぁ~大きいですね。
ベースを入れて40cm弱あります。
存在感がありますね。

そして、ニットワンピがいい味出してます☆

苦労が報われる瞬間です(^.^)

今回のキットも今流行りのカラーレジンでした。
でも、抜きの状態からしても、
カラーレジンである必要があったのか…
個人的に疑問に思いました。

カラーレジン=ほぼ無着色で簡単に組み立てられる
と思っている方も多いと思いますので、
カラーレジンにするならば、
抜きの状態やダボの形状、組み立てやすさを
考慮されるべきかと…

いくつかカラーレジンを作ってみて、
そう感じました。

しかし…
今後もカラーレジンが増えていくんでしょうか…
あははっ(∩。∩;)ゞ
カラーレジンって逆に難しかったりするんですよね。

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい♪

Chryomanaka10

Chryomanaka11

Chryomanaka12

Chryomanaka13

 

 

スポンサードリンク

 

 

Chryomanaka14

Chryomanaka15

Chryomanaka16

Chryomanaka17

Chryomanaka18

Chryomanaka19
ツン♪

Chryomanaka20
ツン♪ツン♪

Chryomanaka21
サービスショット☆

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク

| | コメント (2)
|

チェリーブロッサム お着替えネネさん

チェリーブロッサム ラブプラス+ お着替えネネさん
Cblovepnene1

Cblovepnene2
原型製作:とりあ 氏

チェリーブロッサムさんの『お着替えネネさん』です。

チェリーブロッサムさんのキットは、
今まで結構作ってきたんですが、
それはすべて桜坂さんで、
とりあさんのキットを作るのは初めてだったりして、
自分でもちょっと驚きです。

さて、今回のキットは、肌の部分だけカラーキャストとなってます。

個人的に黒系のキャストは整形しずらいので、
よかったなぁって思いました。

まあ、カラーキャストも何度目かなので、
多少コツをつかめてきたんじゃないかと…

 

スポンサードリンク

 

製作のほうですが、
パーツの抜きだけが唯一心配なところです。

運が悪いと大量の微細気泡を食らいますので…
しかし、12月に抜かれたパーツなので、
それは回避できました。

もちろん、まったく無いわけではありませんが、
カラーキャストの恩恵でしょうか、
気泡が見つけやすいので、修正が比較的楽です。

各パーツの合いはほぼ問題ないですが、
パーツどうしの一体感を重視して、
わきの下の彩色に苦労しそうですが、
袖のパーツをボディに接着して整形しました。

あと、せっかくの大きな胸なので、
ノーブラ仕様にして突起を追加しました☆
そして、胸の部分を淡く透けた感じに塗装してます♪

スカートは前後パーツの合わせ目を消したいので、
あらかじめ前後パーツを接着しようと思ったんですが、
おなかパーツとパンツを組み立ててからじゃないと無理なので、
塗装、接着再塗装の工程が必要です。

Cblovepnene4_2 

まず、パンツとおなか、スカートの裏に彩色をほどこし、
パンツとおなかパーツは艶の調整も済ませます。

ちなみにパンツはパステルグリーンの縞パンにしました♪

Cblovepnene5_2

Cblovepnene6_2

次におなかとパンツをスカートに組み込んで、
スカート前後パーツを合わせ、合わせ目を消します。

消し終わったら、ホワイトサフで表面チェック&塗装面を作り、
最後に彩色して完成です。

Cblovepnene7_2

ふぅ~この工程は何度やっても大変です(∩。∩;)ゞ

Cblovepnene3

それから、「ねねのもと」のイラストを見ると、
スカート右側には、ファスナーがあるようなので、
そのモールドも追加しました。
※画像ではちょっと分かりにくいですが(^^ゞ

指には爪のモールドがなかったので、
シアノンを盛って整形してます。

そして、やっぱり大変なのがお顔ですね。

瞳やまゆ毛など特徴的な部分があるので、
少しずつ、クリアーでコーティングしながら描きました。

いちおうデカールが付属してますが、
若干粒子が粗いみたいです。

頬にはたっぷりパステルでチークをひいて、
ハイライトに白点をちょんと乗せました。

艶の調整ですが、すべてつや消しにしました。

最後に慎重に組み立てて完成です。

今回とりあさんのキットは初めてでしたが、
ものうげな表情がとても良く再現されていて、
桜坂さんどうよう素晴らしい造形ですね。

また、とりあさんのキットも作ってみたくなりました♪

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい(^.^)

Cblovepnene8

Cblovepnene9

Cblovepnene10_2

Cblovepnene11

Cblovepnene12

Cblovepnene13

Cblovepnene14

Cblovepnene15

Cblovepnene16

Cblovepnene17

Cblovepnene18

Cblovepnene19
サービスショット☆1

Cblovepnene20
サービスショット☆2

Cblovepnene21
サービスショット☆3

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

 

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

Cerberus Project 高嶺愛花

スポンサードリンク

 

Cerberus Project ラブプラス 高嶺愛花
Cpmanaka1

Cpmanaka2
原型製作:French Doll

あけましておめでとうございます。

新年一発目の製作はケルベロスプロジェクトさんの
『ラブプラス 高嶺愛花』です。

カラーレジンの挑戦は今回で2度目です。

といってもオール彩色しますが(^.^)

キャストの色分けは肌、髪と水着です。

Cpmanaka3

パーツは細分化されていて、
まるでパズルのようです。
瞳も別パーツになってます。

ただ、瞳が別パーツになっているので、
瞳デカールが付属しているのかなぁ~
と思ったら付属してませんでした。

抜きの状態も綺麗に抜けてます。

ですが、パーツが細かく分割されている分、
若干隙間ができるところがあるので、
その修正に結構時間が掛かりました。

Cpmanaka4

Cpmanaka5
頭部は首と分割されてますが、
合わせ目を消したかったので、
一体化してます。

塗装のほうは、
プライマー&クリアーで第一下地を作り、
さらに瞳以外を白サフで仕上げてます。

肌の部分は肌色キャストを生かしたいので、
薄くサフを吹きました。

そして、ハイライト色とシャドー色で、
陰影を整えていきました。

髪は濃いブラウンです。

水着は下地をホワイトパールで作り、
水玉模様をマスキングして、
クランベリーレッドパールを
隠し味に調色した赤を吹いてます。

あとはお顔ですね。
瞳の部分が分割されているので、
多少楽かなぁ~と思ったんですが、
瞳の大きさや、視線、
顔とのバランスを合わせるのが
難しかったですね。

最後に艶の調整をしてお化粧を施します。

艶のほうは、水着とポニーテールのリボンが光沢で、
その他がつや消しになります。

パズルのようなパーツを慎重に組み立てたら、
完成になります。

今回で2度目のカラーキャストキットですが…
やはりちょっと苦手ですね。

作業しながら通常のキャストだったらなぁ~
と何度も思いました。
下地処理とか、しにくい部分もあるんですよね。

このブームいつまで続くんでしょうか…

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Cpmanaka6

Cpmanaka7

Cpmanaka8

Cpmanaka9

Cpmanaka10

Cpmanaka11

Cpmanaka12

Cpmanaka13

Cpmanaka14

Cpmanaka15

Cpmanaka16

Cpmanaka17

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ALCHEMIST 姉ヶ崎寧々 水着ver.

ALCHEMIST ラブプラス 姉ヶ崎寧々 水着ver.
Alcnene1

Alcnene2
原型製作:TEAM ALCHEMIST

アルケミストさんの『姉ヶ崎寧々』です。

製作するのが初めてのディーラーさんです。

ムチムチしたボディにひと目惚れしました。

参考になったと思われるイラストとは、
逆の瞳を閉じて狙いを定めているポージングです。

パーツのほうは、
驚きのピンク色のキャストでした。

合わせ目もなかなか厳しくて、
左足はかなり隙間ができます。

Alcnene3

Alcnene4
後ろ髪と後頭部のあいだにかなり空間があったので、
パテでボリュームアップしました。

Alcnene5

Alcnene6
股間にはクイコミを追加しました。

塗装は、両腕を接着再塗装しないといけないので、
水着を先に塗装してからフレッシュの塗装をしました。

瞳は元絵イラストを参考に少しずつ描いていきました。
視点を水鉄砲と合わせるのが難しかったですね。

頬にチークを厚めにひいて、
小さいハイライトをちょんと置きました。

艶の調整は水着が光沢で、
そのほかはつや消しです。

そして、ベースに乗せたら完成です。

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Alcnene7

Alcnene8

Alcnene9

Alcnene11

Alcnene12

Alcnene10

Alcnene13

Alcnene14

Alcnene15

Alcnene16

Alcnene17

Alcnene18

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

| | コメント (0)
|

チェリーブロッサム 高嶺愛花

チェリーブロッサム ラブプラス 高嶺愛花
Cbmanaka1

Cbmanaka2
原型製作:桜坂 美紀 氏

チェリーブロッサムさんのWF2010夏新作
カラーレジンの『高嶺愛花』です。

カラーレジンキットは初なので、
ワクワクしながらパーツチェックです。

カラーレジンのイメージは、
軸打ち不要で簡単に仕上がると
勝手に思っていたのですが、
チェリーブロッサムさんのは、
いつものガレージキットのカラー版
といった感じで、軸打ちも必要ですし、
抜きがあまり良くないので、
バリや湯口痕を取り除くなど、
通常と同じ工程が必要です。

カラーレジン専売なのであれば、
腕や足の合わせ目を凹凸にしたり、
ダボではめ込めるようにしたりと、
もう少しユーザーフレンドリーな部分が
あっても良かったと思います。

それから、この抜き業者さんの
夏に抜かれたパーツは、
とくに微細気泡が多いので、
注意が必要です。

製作を開始して感じたのは、
通常レジンよりやわらかい感じがしました。
サンディングをしてみるとABS樹脂のような感じです。

やっぱり微細気泡がどっちゃりですね…
スポンジのようにスカスカです。
ただ、カラーレジンなので、
気泡は見つけやすいです。

Cbmanaka3
せっかくの白水着なので、
胸の突起と股間のクイコミを
パテで再現しました。

彩色のほうですが、
カラーレジンの色は利用せず、
白サフを吹いていきます。

いつものようにプライマー&白サフ&クリアーで、
下地を作ります。

肌の色ですが、
いつもは美白を目指しますが、
今回は元気のある肌色にしてみました。

オレンジピンクをイメージして調色し吹いてます。

髪はブラウン系の黒です。

水着は透け塗装を施してます。

ポニーテールのリボンは、
淡くピンクでシャドーを吹いてます。

そして瞳です…
デカールは付属してますが、
手書きで描きました。

特徴的な瞳をどう表現すればよいか、
本当に大変でした。
少し描いてはコーティングを繰り返し、
なんとが仕上げることができました。

頬は濃いめにパステルでチークをひき、
白でチョンとハイライトをおいてます。

ルージュはピンクパールにしました。

艶の調整は、肌と髪がつや消しで、
水着が光沢です。

そして組み立てたら完成です!!

カラーレジン初体験でしたが、
パーツ構成自体は今までと変わりないので、
特に違いを感じませんでした。

ビギナーの方はカラーレジン仕様だと、
簡単に製作できる、と思われるかもしれませんが、
色を塗る工程以外は同じです。
それに微細気泡が多いですし、
パーティングラインの段差が大きい部分もありました。
その点を考えると難しいキットになってしまうかもしれません。
気泡や段差に関しては個体差がありますが…

新しいファンを獲得するために、
カラーレジンキットは必要かもしれませんが、
今までのファンのことも考えて、
今後はホワイトレジン版との併売を
お考え頂きたい、と思いました。

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Cbmanaka4

Cbmanaka5

Cbmanaka6

Cbmanaka7

Cbmanaka8

Cbmanaka9

Cbmanaka10_2

Cbmanaka11

Cbmanaka12

Cbmanaka13

Cbmanaka14

Cbmanaka15

最後までご覧にいただき、ありがとうございました。

| | コメント (4)
|

その他のカテゴリー

Fate/stay night | Pia❤キャロットへようこそ!! | REFLECT(リフレクト) | Rozen Maiden | To Heart2 | With You | けいおん! | ごあいさつ | ちぃ | ちょびっツ | とらドラ! | アマガミ | アリス・マーガトロイド | エヴァンゲリオン | オーディンスフィア | ガレキインプレッション | ガレキ製作日記 | ガンダムSEED | ガンダムSEED DESTINY | グルメ・クッキング | コードギアス | セイバー | セイバー・リリィ | セーラーサターン | セーラームーン | フェイト・テスタロッサ | フラウ・ボゥ | ミーア・キャンベル | ユーフェミア・リ・ブリタニア | ラクス・クライン | ラブプラス | リューノス | リリカルなのは | ローゼンメイデン | ワンフェス | 三国志大戦 | 上海アリス幻楽団 | 中野 梓 | 伊吹マヤ | 伊藤乃絵美 | 僕の妹がこんなに可愛いわけがない | 初音ミク | 化物語 | 十六夜咲夜 | 博麗霊夢 | 向坂 環 | 向坂環 | 土萌ほたる | 平沢 唯 | 恋姫✝無双 | 惣流・アスカ・ラングレー | 文学少女 | 日記・コラム・つぶやき | 未来の竹緒ちゃん | 東のエデン | 森美 咲 | 植物少女園 | 機動戦士ガンダム | 水銀燈 | 涼宮ハルヒ | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 綾波レイ | 葛城ミサト | 薔薇水晶 | 週刊少女のつくり方 | 長門有希 | 霧雨魔理沙 | 高町なのは | 魔法少女リリカルなのは