スペース長門 完成

スポンサードリンク

撮影も終えて、すべての作業が終了しました。

以前から作ってみたかった作品だったので、
充実感がいっぱいです。

しかし、見た目とは裏腹に、難しかったですね。
ただ、キットとしての基本性能が高く、
さらに抜きの状態が良いので、
気泡埋め等に時間を取られなかったのは、
非常に助かりました。
この辺は、さすがです。

今回の『スペース長門』ですが、
小ぶりながらも、ぷっくりとした胸の造形が素晴らしかったので、
そのままピンクを乗せるのはもったいないと思い、
右胸と背中を透け塗装にしてみました☆
胸の突起も強調してあるので、よさげですよ♪

スペーススーツのパール表現には、
造形村のシャインパールホワイトを、
Gxクリアーで溶いたものを強めに吹いてます。
ちなみに星型ベースにもパールでコートしてあります。

スーツのピンクの部分には蛍光クリアーピンクを少量まぜ、
発色を良くしてあります。

前の記事でも書きましたが、瞳は新型です。

組み立ての方は、パーツ数も多くないので、
とくに問題も無く組み上がります。
そして、ベースに立たせたら、完成でーす!!

小さなお胸とこの腰のライン、
造形技術の高さを痛感しますね。
後ろ髪のハネの表現など、細かい部分まで、完璧です。
BUBBAさんの他の作品も、ぜひ作ってみたいものです。

ではでは、完成画像の方ご覧ください☆

Bbrspng10

Bbrspng12

Bbrspng13

Bbrspng14

Bbrspng15

Bbrspng16

Bbrspng17

Bbrspng18 

Bbrspng19 

Bbrspng20 

Bbrspng21

Bbrspng22

Bbrspng23

Bbrspng24 

Bbrspng25 

Bbrspng26 

Bbrspng27_2 

Bbrspng28

Bbrspng29

Bbrspng30

Bbrspng31

最後までご覧頂きましてありがとうございます☆

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

スペース長門 作業終了

作業工程、無事終了しました。
あとは撮影をすれば完了ですが、
日没のため撮影は明日行いたいと思います。

本日の作業は、瞳の仕上げと艶の調整、
そして、組み立てです。

瞳の方は、新シリーズver.で仕上げてあります。
Bbrspng8
画像の○部分が新しい個所ですが、
そこをクリアーブラウンで再現しました。
最後に、リキテックスでハイライトを置いたら、瞳の完成です。
ハルヒ系の瞳は特徴的で、瞳の輪郭だけでも、
何度も描き直して、かなりの時間を費やしました。

艶の調整は、肌と髪がつや消しで、
他は光沢になります。
光沢部分には、その上にMr.ハイコーティングで、
コートしてあります。

Bbrspng9

組み立ても無事終わって、長門はお休み中(-.-)zZ

なんとか完成できて、今はホッとひと息、といったところです♪

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

スペース長門 製作中

スペース長門、製作中です。
作業に集中していて、製作記が後手後手です(^^ゞ

現在は塗装工程も大詰めだったりしますが、
ざっと、現在までの作業内容を振り返りたいと思います。

軸打ち、仮組みで作業工程をざっと確認したら、
下地処理から作業開始です。

Bbrspng5
上着前パーツと襟パーツは、
本体に接着して合わせ目処理をしました。
マスキングは大変そうですが、
塗装後、接着、再塗装の工程よりはましでしょう。
あと、胸の造形が素晴らしかったので、
右胸の突起のモールドを強調してみました♪

Bbrspng6
ベルトの前後パーツの合わせ目も、
接着後に合わせ目を消しての再塗装になりますが、
合わせ目を凹凸状にして、合わせ目がモールドとなるよう、
後ハメ加工を施しました。

下地処理が終わったら、
洗浄して、プライマー&クリアーで下地を整え、
塗装工程に入ります。

Bbrspng7

塗装の方は、いつものように肌から彩色します。
もちろん、サフレスフレッシュベースのオリジナルブレンドです。

その他、完成見本を確認しながら各部彩色しました。
とにかく、細かなマスキングが多くて大変です。
瞳の彩色も輪郭を描いて、
クリアーでコーティングしてある状態です。
瞳はニュータイプ2008 7月号に掲載されていた、
新バージョンにしました。

あとは瞳の仕上げと艶の調整で、
塗装作業は終わりです。

もう少しで完成なので、
引き続き集中して作業したいと思います。

 

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

BUBBA スペース長門

BUBBA&サイコロキャラメルの謎
涼宮ハルヒの憂鬱 スペース長門
Bbrspng1

Bbrspng2
原型製作:BUBBA 氏 パーツ数:19個

BUBBAさんの超人気作品『スペース長門』です。

こちらは、イベント配布品ですが、
のちに電撃ホビマガ&フィギュアマニアックスで、
誌上通販になりました。
その誌上通販品も昨年末に出荷されたみたいですね。
入手困難なキットだったので、
このような企画は今後もお願いしたところです。

さてと、それではパーツを見ていきたいと思いますが…
今さら私がコメントすることもないですよね。

なので、ざっと見ての感想ですが、
やっぱり安心感がありますね。

造形、パーツ分割、合わせ目、ダボ、
などなど、どれをとっても一級品です。
完成度の高さを実感させられますね。

驚いたのが、頭部パーツの裏。
Bbrspng4
「海賊版撲滅にご協力を!」の彫刻。
まあ、BUBBAさんの作品は、
ハルヒバニーを筆頭に相当数やられましたからね。
切実な願いだと思います。

ぱっと見、ハルヒバニーよりは楽かなぁ~とか、
思ってたんですが、パーツを見ていくと、
そんな甘いものではなかったです。
塗装後、接着再塗装個所があったり、
マスキングが大変そうだったりと、
なかなか手強そうなキットなので、
心してかからなくては。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ハルヒ 完成でーす!!

スポンサードリンク

ハルヒバニー、昨日完成したんですが、
あらためて…無事完成しました!!

Bb3hr14

今回で3回目の製作なんですが、
やはり、このハルヒは別格ですね。
素晴らしい造形だということを、
またまた痛感させられました。

Bb3hr15

さてさて、それでは、塗装工程を中心に書きたいと思います。

Bb3hr16

まず、今回のハルヒのバニースーツを
何色にしようか、めちゃめちゃ悩みました。
白やピンクは、PVC完成品のカラバリであるし、
前回ゴールドをやったので、それ以上派手なのもどうかなぁ~とか。
ぐるぐる頭の中で考えた結果、シンプルにベーシックな黒で行こう、
ということに決めました。

Bb3hr17

ただ、そのまま黒ではつまらないので、
「透けている黒」にすることにしました。
その前準備ということで、胸の突起を強調して、
股間にクイコミを追加しました。
せっかく透けさせるので、
ちょっぴりセクシーにした方がいいですしね。

Bb3hr18

コンセプトが決まったところで、塗装開始。

いつものようにフレッシュから吹いていきます。
製作途中に書きましたとおり、ピンク系のオレンジ寄りにしました。

Bb3hr19

バニースーツや足にもいちおう吹いておきました。
ダーク系の色をオーバ-コートするので、
あまり意味がないかもしれませんけどね。

Bb3hr20

次にバニースーツです。
もちろんそのまま黒は使いません。
スモークをベースに2色作り、さらにクリアーで適度に薄めて、
回数を重ねて慎重に吹いていきます。
色が薄いので時間は結構かかりましたが、いい感じに仕上がりました。
光の無いところでは黒、光が当たると透けている感じになります。
自分のイメージしていたとおりに吹けたので、
正直、ホッとしてたりします。

Bb3hr21

その他、カフスや襟はGXホワイトがベースで、
シャドーにブルーバイオレット、
その上に、淡くホワイトパールでオーバーコートしました。
これは前回と同じです。

Bb3hr22

しっぽと蝶ネクタイなんですが、
メリハリをつけたかったので、ゴールドにしてみました。
使った色は新色のスターブライトブラスです。

ミミとハイヒールはそのまま黒です。
Exブラックを吹いてます。

Bb3hr23

網タイツ貼りは時間はかかりましたが、
結構スムーズにできました。
貼り終えたら、スーパークリアーでコーティングしてます。

Bb3hr24

髪の色は前回と色のブレンドを変えてみたんですが、
あんまり違いが分かりませんね。

ボディはこんな感じですね。

Bb3hr25

そして、一番やりたかった、
ニュータイプ表紙の新型瞳です!!

旧タイプとの違いは、黒目の向かって左斜め上に、
茶色の楕円が追加されてます。
ので、それを踏まえて、エナメルを使って、
輪郭からクリアーでコートしながら、描いていきます。

Bb3hr26

ハイライトは発色を考慮してリキテックスを使いました。

う~ん、これまた思った感じにできたので、
めちゃめちゃもうれしいですね。
画像ではちょっとわかりにくいですが…。

Bb3hr27

ちなみに、まつ毛、眉毛はマスキングしてのエアブラシです。
この方がシャープに仕上げられます。

細かなところでは、マニキュアをサーモンピンクにしてみました。
爪は指に対して若干小さい気がしたので、大きく作り直してあります。

ハルヒが終わったら、ギターですね。
まぁ~何回作っても本当に大変です。

Bb3hr28

彩色の方は、ほぼ電撃ホビマガと同じです。
彩色手順は違いますが。

ディテールアップとして、リベットはピンのヘッドに交換しました。
ネックにも取り付けてあります。

ヘッドの「ITALIA」ロゴは今回も手書きです。
3度目なので、手こずることなくできました。

3つのつまみの上にあるレバースイッチは、
まっすぐではなく、角度をつけてみました。

Bb3hr34

塗装最後は艶の調整です。

バニースーツ、リボン、ハイヒール、うさミミは光沢で、
バニースーツとハイヒール、うさミミはその上に、
GXクリアーを数回吹いて光沢を増してます。

ギターも光沢です。肌と髪が艶消しです。

Bb3hr29

塗装が終わったら組立です。

ハルヒの方は順調に完成できましたが、
ギターはかなり時間がかかりました。

Bb3hr30

細かいし、金属線を張る時にかなり神経を使うしで、
組みあがったときには、もうクタクタでした。
ギターは本当に難しぃ~い!!

そしてそして、組立が終わったらぁ~、
ベースに立たせて、ギターを持たせて…。
完成でーす!!!!!

Bb3hr31

この瞬間がたまりませんね。苦労が報われます。

ギターを持たせる手に固定用の軸を内蔵したのは正解ですね、
ギターが落ちる心配がほとんど無いと思えるぐらい、
しっかり持ててます。

Bb3hr33

いやぁ~冒頭にも書きましたが、本当に素晴らしい造形です。
ハルヒバニー以外のハルヒも見てみたいですが、
やはり版権のこともあり新作は難しいのでしょうか…。
でもでも、新作がリリースされたら、激しい争奪戦になるんでしょうね。

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|