T's system C.C.

スポンサードリンク

 

T's system コードギアス反逆のルルーシュ
1/6 C.C.(シーツー)
Tscc1

Tscc2
原型製作:宮川 武 氏

宮川さんのC.C.です。

コードギアスキャラはいくつは作りましたが、
C.C.は作っておかなくてはなぁ~と思い、
各ディーラーさんリリースしたなかで、
個人的に好きな造形だった、
宮川さんのC.C.を選択しました。

まず、パーツからチェックしていきます。

残念ながら2007年にリリースされたキットなので、
以前の抜き状態で、かなり厳しいです。
イベントに合わせるため急いで仕上げたのか、
各パーツの仕上げが粗いです。
大きなキズがあちこちにあったり、
表面がボコボコだったり…

それから、
拘束服は継ぎ目がないので、
両腕、両足の合わせ目を消さなくてはならず、
ポージングから考えても、
塗装後、接着合わせ目消し、再塗装という、
非常に難しい作業を強いられます。

パーツ状態、製作工程を考えると…
製作する前から頭が痛かったです。

まあ、考えていても仕方がないので、
手を動かすことにしました。

Tscc4

接着再塗装を最小限にするために、
両足はあらかじめ接着することにしました。
マスキングや塗装は大変になりますが、
天秤にかけてこうすることにしました。

Tscc3
陰にはなりますが、
見える部分もボッコボコです。
パテで埋めていきます。

微細気泡もどっちゃりです。
下地処理にかなりの時間が掛かりました…

下地処理が終わったら、
塗装の下地を作っていきます。

顔と手はサフレスなので、
プライマー&クリアーで下地を作りますが、
その他の部分は微細気泡をチェックすることと、
拘束服のシャドー色として、サーフェイサーEVOを使いました。

Tscc5

サーフェイサーEVOはプライマーも含まれているので、
今後、白もリリースしてもらえるといいですね。

Tscc6
拘束服は、サーフェイサーに色を加え、
白のシャドー色に調色して吹きました。

髪の部分はアルティメイトホワイトに、
少量のサフを混ぜて吹いてます。

下地が整ったら、各部を吹いていきます。

Tscc8
お顔の額にはギアスマークも描きました。
前髪でほとんど見えないですけどね。

各部の塗り分けが終わったら、
最大の難関、腕の接着再塗装です。

Tscc7

この工程は何度やっても慣れないですね。
ほかの部分にキズがつかないよう、
保護をして作業します。

やっとの思いで両腕を仕上げたと思ったら、
前髪と後ろ髪の合わせ目も消さないといけなかった…

頭部と前髪後ろ髪をボディに取付てから、
合わせ目を消していきます。

Tscc9

こちらもちゃんと保護をして作業します。
いったいいくつ難関があるのやら。

そして、塗装艶の調整を終えて、
ようやく完成でーす!!

はぁーっ、もう、くたくたです。

ではでは、
完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

髪の色はもう少し明るい色なのですが…
撮影は本当に難しいです。

Tscc10

Tscc11

Tscc12

Tscc13

Tscc14

Tscc15

Tscc16

Tscc17

Tscc18
首のベルトにある丸モールドは、
形が崩れていたので、
金属パーツに交換しました。

Tscc19_2

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

ユーフェミア 完成!!

スポンサードリンク

 

ユフィ、完成しました!!

Snyfi15

かなり厳しい作業が続き、
製作途中では完成しないんじゃないか、
という不安に侵食されそうになりながらも、
それを乗り越え、無事に完成できて、
素直にうれしいです!!

Snyfi16

それでは、画像多めで
下地処理後から完成までの道のりを
振り返りたいと思います。

Snyfi17

まず、フレッシュですが、
下地をファンデーションホワイトにしたので、
ブレンドを変えました。
といっても、ベースはサフレスフレッシュだったりします。

Snyfi18

40cmクラスのフィギュアなので、
フレッシュを吹くのがとても難しかったですね。

Snyfi19

水着は白の透け塗装です。
白のシャドー色も吹いてます。

Snyfi20

髪はガイアの蛍光ピンクを少量混ぜて
発色を良くしました。

Snyfi21

キャミはシャインパール:ホワイトを
淡くオーバーコートしてます。

Snyfi22

と、大まかな塗装はこんな感じです。

Snyfi23

細部では、前に書いたとおり、
瞳にはリキテックスも使ってます。
やっぱり発色がいいですね。

Snyfi24

下地処理でだいぶ苦労したので、
塗装は水着だし楽だよなぁ~とか思ったんですが、
塗装面が大きいし、サンダルやキャミのマスキングも
結構大変だったりと簡単ではなかったですね。

Snyfi25

艶の方は、水着とキャミが光沢、
その他は艶消しです。

Snyfi26

塗装が乾燥したら組立です。

Snyfi27

上半身が一体成型で、
パーツも少ないので、特に難しいところはないですね。
ただ、まき髪のパーツを取り付けるのには気をつかいました。

Snyfi28

そして、ベースに乗せたら、完成でーす!!
というかデカイ!!すごい迫力です。

Snyfi29_2

そしてキャミも取り付けてみて、う~んいい感じ☆
Snyfi30
固定部品を作っておいたので、
着脱も比較的スムーズです。

Snyfi32

ただ、肩ひもを首のところに持って行くとき
首に色移りしないか心配でしたので、
首にマスキングテープを貼って、
保護してからキャミを取り付けました。

Snyfi33

いやぁ~ユフィは以前から作りたかったので、
完成できて本当にうれしいですね。

Snyfi34

いろいろと大変な部分が多くて、
挫折しそうになりましたが、
完成したユフィを見ていると、
そんなことは吹っ飛んでしまいました(^^ゞ

Snyfi35

とにかく至福のひと時です。

Snyfi36

造形の方はユフィを上手に再現されていると思います。
DVD特典のユフィを立体化されているので、
さらにプレミアム感がありますね。

Snyfi37

Snyfi38

ただ、欲をいいますと、業者抜きだったら良かったなと。
あっ、もちろん気泡の少ない業者さんです。
大きなパーツに大量の気泡は正直厳しいですからね。
業者抜きだったら、製作工程はぐっと縮まると思います。

Snyfi39

Snyfi40 

あと、キャミがクリアーレジンだったら、
おもしろい表現ができるんじゃないかな、と思いました。

Snyfi31
さーびすしょっと♪
※よい子はみないでねっ☆

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|