« ぐだぐだ帝都聖杯奇譚ミッション達成 | トップページ | 気がつけばワンフェスの季節 »

タミヤカラー ラッカー塗料

スポンサードリンク

現在、模型の製作をできる環境にないため、塗料の情報なんかも収集することがなく、新しい色にもうとい状況です。

 

 

でも、たまにプラモメーカーのHPを巡回してトキめいていますが、まさかタミヤがラッカー瓶を出してたなんて、驚きました。

 

 

しかも、今月第三弾で、今後も色が増えそうですね。

Tamiya

TAMIYA

 

もちろん、モデラーの方はご存じだと思いますが、私の場合、タミヤはエナメル、アクリルでスプレー缶だけラッカー、のイメージでずっときてたので、なぜ、この時期にラッカー瓶を出したのか?

 

と、本当に驚きましたdelicious

 

 

F-1ブームでF-1のプラモをよく作ってたときは、専用カラーのスプレー缶を紙コップに移してエアブラシ、なんて事があり、瓶があればなぁ~なんて思ってましたが、今後はそれがなくなるってことなんですね。

 

マクラーレン/ホンダのマルボロの塗り分けとか…

 

あ~懐かしいdelicious

 

 

まあ、その当時からフィニッシャーズのカラーもあったので、そっちを使ってたりもしたんですけどね。

 

 

できることなら、発色とか試してみたいですね。

 

スプレー缶の発色の良さは定評でしたから。

 

 

 

ラッカー老舗のMr.カラーに、新しい風を巻き起こしたガイアノーツ。

 

そして、車に特化した、フィニッシャーズ。

 

そこに満を持して、タミヤが参戦と、ラッカープラカラーに熱い戦いが巻き起こりそうです。

 

 

 

ただ…

 

個人的には、人体に優しい、水生カラーの進化を期待してたんですけどね。

 

正直、ラッカー塗料のにおいが苦手で、作業時はカートリッジ式のガスマスクが欠かせませんでしたからwobbly

 

Modereito

ガイアノーツ

 

なので、エアブラシの薄め液も、溶剤のにおいを抑えた「ガイアノーツ モデレイト」を使ってました。

 

やっぱり…塗膜の強さと乾燥の早さから、ラッカー塗料にはかなわないんですかね。

 

 

とにかく、選択肢が広がることは、ユーザーとしては良いことですから、今後の色展開にも期待ですねgood

 

スポンサードリンク

|
|

« ぐだぐだ帝都聖杯奇譚ミッション達成 | トップページ | 気がつけばワンフェスの季節 »

HOBBYつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぐだぐだ帝都聖杯奇譚ミッション達成 | トップページ | 気がつけばワンフェスの季節 »