« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

鶴の館 高坂桐乃

鶴の館 僕の妹がこんなに可愛いわけがない
1/8 高坂 桐乃
Turukirino1

Turukirino2
原型製作:千鶴 氏

製作記にはいるまえに…
謹んで震災のお見舞いを申し上げます。

…私も震災にあったひとりです。

あの恐怖は、10日たった今でも拭うことはできません。

地面が波打つようにうねるなど、信じられない光景でした。

家の中はめちゃめちゃ。
ガラスやCDや本など、
あらゆるものが散乱し、パソコンは倒れ、
以前作ったフィギュアや車、F-1が、
ケースの中で粉々に近い状態でした。

幸い家は倒壊を免れましたが、
余震におびえながら片付けをするのに、
かなりの時間がかかり、

せっかく作った製作物も、
泣く泣く処分しました…

ただ、もっと悲惨な状況のところがあることを考えれば、
自分はマシなほうだったかもしれません。

原発、という問題はありますが…

そのこともあり、
数日はパニック状態でなにをしたらよいか
わかりませんでしたが、
いつまでもおびえていても仕方がない、
と考え、製作途中だった
『高坂桐乃』を完成させることにしました。

今の自分が収入を得るには、
これしかないですしね。

心配だった製作途中のパーツたちは、
塗装ブースに保管していたので、
なんの問題も無く、ホッとしました。

それでは、前置きが長くなりましたが、
製作について書きたいと思います。

今回のキットですが、
入手困難な鶴の館さんの新作です。
以前から一度作ってみたかったディーラーさんで、
大変お世話になっていいる方のご尽力で、
この度、入手することができました。

初めてのディーラーさんのキットを作るときは、
いつもよりテンションが上がりますね。

抜き業者さんも初めてのところだと思うので、
さらにワクワクしました。

パーツ状態ですが、
さすがのパーツ構成です。
欲を言えば、左手のシュシュから
分割されていれば、
下地処理がよりしやすかったかな、
と思いました。

それから、抜きの状態ですが、
見た感じはベルグさんに近いかなぁ~
と思ったんですが、
実際下地処理をしてみると、
パーティングラインに微細気泡が…
その他にもあちこちに…

思ったよりも多くて、ちょっと残念ですね。
まあ、個体差があるとは思いますが。

パーツの合いはおおむね良好です。

唯一、右腕がどうしても左側のおさ毛にフィットせず、
袖のパーツや腕の角度をいろいろ調整しましたが、
うまく合わなかったため、エポパテで修正しました。

Turukirino3

同時に前髪と後ろ髪の隙間も修正してます。

塗装前下地は、いつものように
マルチプライマー&クリアーで、
肌以外はさらにホワイトサフを吹きますが、
肌のいくつかのパーツがパーティングラインの部分に
白い線が残るところがあるので、
肌の部分も淡くサフを吹いて塗装面を整えてます。

そして彩色です。

肌はオレンジ系にしました。
クリアー系、純色系をブレンドして吹いてます。

制服はイラストを見ながら、
あれこれ調色して吹いてます。
なにを混ぜたか忘れてしまいました(^^ゞ

細部彩色では、やはり瞳ですね。
特徴的な瞳なので、
イラストを見ながら、少しずつ描いていきました。

頬には斜めにラインを入れて、
パステルでチークをのせてます。

艶の調整は、ピンクのヘアピンが光沢で、
その他がつや消しになります。

おっと、ひとつ忘れてました。
星くずうぃっちメルルDVDのデカール貼りです。

キットには予備も含め2セット印刷した
デカールが付属してます。

ただ、このデカールはトップコートがしてないので、
表面にクリアーコートして使わないといけないんです。

私の場合これが結構苦手で…
厚めに吹けば硬くなるし、
薄いと水に入れたときに色が落ちてしまうし…

案の定、一回目は色落ちしてしまいました(^^ゞ

予備まで失敗するわけにはいかない、と思い、
厚めにクリアーでコーティングして、
台紙ごとDVDパーツに貼り付けました。

印刷の色落ちも無いし、
これはこれでいい感じかなぁ~
なんて思ってます。

あとは組み立てて完成…
なんですが、ディーラーさんのように、
ファーのベースを作りたいと思い、
フェイクファーを入手して、
木製ベースに貼りつけることにしました。

しかし…
フェイクファーの取り扱いは大変で、
裁断した部分から、毛が大量に抜け落ちてきます。

裁断方法をネットで検索しても、
なかなか解決法が見当たらず、
強引に木製ベースに貼りつけることに。

裁断部分も木工用ボンドで目止めし、
なんとか完成させることができました。
ちょっと雑ですけどね(^^ゞ

完成後はあたり一面大量の毛で参りましたぁ。

そして、ベースに乗せたら…完成でーす!!

厳しい状態での製作でしたので、
より気持ちを込めて作業しました。

まだまだ復興には時間がかかると思いますが、
自分のなかでの復興第一弾として、
この「高坂桐乃」を位置づけたいと思います。

「がんばれ!!にっぽん!!」

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい(^.^)

Turukirino4

Turukirino5

Turukirino6

Turukirino7

Turukirino8

Turukirino9

Turukirino10

Turukirino11

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

| | コメント (2)
|

チェリーブロッサム ウェイトレスネネさん

チェリーブロッサム ラブプラス
ウェイトレスネネさん(姉ヶ崎寧々)
Cbwrsnene1

Cbwrsnene2
原型製作:桜坂美紀 氏

チェリーブロッサムさんの
WF2010冬新作「ウェイトレスネネさん」です。

チェリーブロッサムさんで、
姉ヶ崎寧々を担当されてたのは、
とりあさんでしたが、
今回は桜坂さんが担当されてます。

とりあさんの寧々さんは、
おとなっぽい感じでしてが、
桜坂さんの寧々さんは、
とってもかわゆぃ感じに仕上げられてます。

さて、キットのほうですが、
今回もカラーレジンキットとなっており、
瞳やロゴ、名札は、デカールが付属してます。

カラーの色分けは、
肌の部分がフレッシュ、
髪が茶色で、その他が白となってます。

今回はウェイトレスの衣装ですし、
塗り分けが発生するわけですから、
ホワイトレジン一色でもよかったのでは、
と個人的に思いました。

パーツの合いに関しては、
おおむね良好です。

パーツ表面の微細気泡が心配ですが、
冬に抜かれたパーツは、
夏よりも少ないようなので、
あまり気にはしてませんでした。

しかし…
予想に反して、
微細気泡があちらこちらに隠れてました(>_<)

この業者さんの特徴ですが、
エッジの部分、パーティングラインの部分には、
必ずと言っていいほど、微細気泡が隠れてます。

今回のキットでは、
頭部のてっぺん付近に大量にみられました。

それになんでこんなとこに、
なんてのもありますね。

なかなか改善はされないんですね…

さて、製作のほうでは、
髪のパーツを前後分割に変えました。

Cbwrsnene3

後ろ髪が左右に分割されていて、
頭部を挟み込んで組み立てるので、
合わせ目を消す場合、
お顔を塗装後に行わなければならず、
リスクが高くなるので、
左右のもみあげ部を後ろ髪パーツから切り出し、
前髪と一体にして、前後分割としました。

Cbwrsnene4

Cbwrsnene5

これで合わせ目を前もって消すことができました。
ただ、合わせ目が気にならない方には、
不必要な作業ですね(^^ゞ

しかし、回避できない部分がありました。
それは、スカートです。

Cbwrsnene6 

スカートは、両足を挟んで組み立てるようになっており、
両足、パンツをつやの調整までして組立て、
スカートの裏も塗装、つや消しを済ませて、
そして両足をスカート前後パーツで挟み込み組立て、
合わせ目を消して行きます。

Cbwrsnene7_2

とてもタイトなスカートなので、
マスキングも大変でした。

お顔は毎回本当に難しいです。
造形の参考にされたと思うイラストを見ながら、
少しずつ描いていきますが、
苦闘の連続ですね。

そのほか、各部塗り分けをして、
デカールを貼り、艶の調整をして完成です。

 

スポンサードリンク

 

ラブプラスのキット=カラーレジンの流れを作ったのは、
チェリーブロッサムさんからだと思います。

今回のキットは、塗り分けも多く、
カラーレジンのメリットは少ないと感じました。

肌の部分が白ではないので、
瞳の白眼部分を塗り分けたり、
サフレスの肌が表現できなかったりと、
個人的にはデメリットのほうが多いように思いました。

塗り分けの多いキットで、
カラーレジンでは表現しきれないキットに関しては、
通常レジンに切り替えて頂ければと…

とはいえ、チェリーブロッサムさんの造形は、
とても好きなので、カラーレジン仕様でも、
入手してしまうんですけどね(^^ゞ

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Cbwrsnene8

Cbwrsnene9

Cbwrsnene10

Cbwrsnene11

Cbwrsnene12

Cbwrsnene13

Cbwrsnene14

Cbwrsnene15

Cbwrsnene16

Cbwrsnene17

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク

| | コメント (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »