« CerberusProject セイバーver.2 | トップページ | ALCHEMIST 姉ヶ崎寧々 水着ver. »

チェリーブロッサム 高嶺愛花

チェリーブロッサム ラブプラス 高嶺愛花
Cbmanaka1

Cbmanaka2
原型製作:桜坂 美紀 氏

チェリーブロッサムさんのWF2010夏新作
カラーレジンの『高嶺愛花』です。

カラーレジンキットは初なので、
ワクワクしながらパーツチェックです。

カラーレジンのイメージは、
軸打ち不要で簡単に仕上がると
勝手に思っていたのですが、
チェリーブロッサムさんのは、
いつものガレージキットのカラー版
といった感じで、軸打ちも必要ですし、
抜きがあまり良くないので、
バリや湯口痕を取り除くなど、
通常と同じ工程が必要です。

カラーレジン専売なのであれば、
腕や足の合わせ目を凹凸にしたり、
ダボではめ込めるようにしたりと、
もう少しユーザーフレンドリーな部分が
あっても良かったと思います。

それから、この抜き業者さんの
夏に抜かれたパーツは、
とくに微細気泡が多いので、
注意が必要です。

製作を開始して感じたのは、
通常レジンよりやわらかい感じがしました。
サンディングをしてみるとABS樹脂のような感じです。

やっぱり微細気泡がどっちゃりですね…
スポンジのようにスカスカです。
ただ、カラーレジンなので、
気泡は見つけやすいです。

Cbmanaka3
せっかくの白水着なので、
胸の突起と股間のクイコミを
パテで再現しました。

彩色のほうですが、
カラーレジンの色は利用せず、
白サフを吹いていきます。

いつものようにプライマー&白サフ&クリアーで、
下地を作ります。

肌の色ですが、
いつもは美白を目指しますが、
今回は元気のある肌色にしてみました。

オレンジピンクをイメージして調色し吹いてます。

髪はブラウン系の黒です。

水着は透け塗装を施してます。

ポニーテールのリボンは、
淡くピンクでシャドーを吹いてます。

そして瞳です…
デカールは付属してますが、
手書きで描きました。

特徴的な瞳をどう表現すればよいか、
本当に大変でした。
少し描いてはコーティングを繰り返し、
なんとが仕上げることができました。

頬は濃いめにパステルでチークをひき、
白でチョンとハイライトをおいてます。

ルージュはピンクパールにしました。

艶の調整は、肌と髪がつや消しで、
水着が光沢です。

そして組み立てたら完成です!!

カラーレジン初体験でしたが、
パーツ構成自体は今までと変わりないので、
特に違いを感じませんでした。

ビギナーの方はカラーレジン仕様だと、
簡単に製作できる、と思われるかもしれませんが、
色を塗る工程以外は同じです。
それに微細気泡が多いですし、
パーティングラインの段差が大きい部分もありました。
その点を考えると難しいキットになってしまうかもしれません。
気泡や段差に関しては個体差がありますが…

新しいファンを獲得するために、
カラーレジンキットは必要かもしれませんが、
今までのファンのことも考えて、
今後はホワイトレジン版との併売を
お考え頂きたい、と思いました。

それでは、完成画像になります。
よろしければご覧下さい。

Cbmanaka4

Cbmanaka5

Cbmanaka6

Cbmanaka7

Cbmanaka8

Cbmanaka9

Cbmanaka10_2

Cbmanaka11

Cbmanaka12

Cbmanaka13

Cbmanaka14

Cbmanaka15

最後までご覧にいただき、ありがとうございました。

|
|

« CerberusProject セイバーver.2 | トップページ | ALCHEMIST 姉ヶ崎寧々 水着ver. »

「ガレキ製作日記」カテゴリの記事

ラブプラス」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおりですね。

カラーレジンの利点が無くなってしまうわけですからね。
抜き業者さんはその辺をもう一度考えてほしいところです。

ご丁寧に追記まで、本当にありがとうございますm(__)m

投稿: ミシェル・ソープ | 2010/08/12 22:59

. 追記ですが、、、、

>カラーレジンの場合は微細気泡があったら不良品扱いになるんですね。

 カラーレジンのアイテムをリリースしているディーラーやユーザーごとに考え方が異なると思うのですが、「着色をしない、当然パテ埋めをしないで完成させるキット」というコンセプトなら、微細気泡はその前提を崩してしまうので、不良というか、商品単価を上がるカラーレジンをなんのために使うのか、、、、、ということになってしまうんですね。

 

 
  

投稿: 相田和与 | 2010/08/11 23:47

☆相田和与さま

イベントお疲れ様でした。

その節は貴重なお話しありがとうございました。


やはりディーラーさんのあいだでも、
あの微細気泡(発泡)が話題になっていたんですね。

他のディーラーさんからも伺っていたのですが、
「夏場は気泡がでるよ」と平気で言っていたそうです。
といいながら、冬に抜いたのにもパーティングラインには
微細気泡がありましたが…

私もカラーレジンなので、
その点は改良されているのかと思ってましたが、
パーツを見た限りでは、通常レジンと同じか、
逆に質が落ちていたように感じました。

なるほど、スタッフの入れ替えで、
抜きの質が落ちた可能性があるんですね。

まあ、私の場合は最初から彩色する予定でしたし、
微細気泡は覚悟してましたが、
カラーレジン=手軽に作れる 
と考えて入手されたかたは、驚くかもしれませんね。

そうなんですか。
カラーレジンの場合は微細気泡があったら不良品扱いになるんですね。


ディーラーさんにとって、
抜き業者選定は難しい問題なんですね。
原型以外にもご苦労があることを、あらためて知りました。


この度も貴重なお話しありがとうございました!!
私のような弱小ブログに、超原型師の相田さまから
コメント頂けるなんて、とても光栄ですし大変うれしく思います。

暑い日々が続いておりますが、
お体にはくれぐれもお気をつけいただき、
創作活動頑張ってください!!

本当にありがとうございました。


投稿: ミシェル・ソープ | 2010/08/11 23:19

 こんばんわ。あそこの成型業者は、うちも2006年以前使っていたんですが、スタッフの入れ替わりに伴って、別の業者に切り替えました。

 この業者で、気泡というか発泡(微細気泡はレジンが発泡して生じた細かい泡が残留したもの)が話題になるようになったのはこの3年ぐらいからでしょうか。こちらの業者がイベント向けガレキでカラーレジンをやるようになったのはここ1年ぐらいかと思うんですが、カラーレジンで微細気泡に関して話題になっていないように感じたんで、どうなのか気になっていました。商品の性格上、カラーレジンの商品での微細気泡は、まあ不良品ですからね。

 この会社の製法上、カラーレジンでの生産でも比較的他の業者より安めになる可能性が有るんで注目していたんですが、相変わらず夏場は避けて通るべき業者といった感じのようですね。

投稿: 相田和与 | 2010/08/11 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CerberusProject セイバーver.2 | トップページ | ALCHEMIST 姉ヶ崎寧々 水着ver. »