« なのは 製作記Ⅰ | トップページ | ラクス・クライン アイドル服ver. »

なのは 製作記Ⅱ

スポンサードリンク

撮影の方も無事終わり、
めちゃめちゃホッとしております。

83nano4

それでは、塗装から完成までの工程を
書きたいと思います。

83nano5

いつものようにフレッシュから吹いていきます。
これまたいつもの、ガイアのサフレスフレッシュ独自ブレンドです。

83nano6

次にバリアジャケットですが、白の部分は、
GXホワイトをベースに、バイオレットのシャドー色を
影の部分などに吹いてます。

83nano7

縁などのブルーはガイアの蛍光ブルーを隠し味に、
少量混ぜた物を吹いてます。

83nano8

そして、腕や足の甲のゴールドの部分です。
イラストでは、黄色に寄ったゴールドに見えたので、
クリアーイエローをベースにクリアーオレンジを少量加え、
シルバーをベースにオーバーコートしてます。

83nano9

胸と首周りのゴールドのラインは、
スーパーゴールドを吹いてます。
留め金は腕と同じ色です。

インナーとグローブは、単純に黒ではなく、
ミッドナイトブルーをベースに調色して吹いてます。

83nano10

赤のジュエル部分は、クランベリーレッドパールです。
この色は結構いいですね。
使用頻度が増えそうです。
足の甲の青いジュエルはメタリックブルーです。

髪は、エヴァのアスカ用に調色していたものを吹いてます。
リボンにはホワイトパールをオーバーコートしてますが、
淡く吹いているので、分かりにくいかもしれませんね。

83nano11

レイジングハートとブラスタービットは、
バリアジャケットで吹いた色と同じゴールドですが、
下地の黒をエッジや影の部分を残す感じで、
ベースのシルバーを吹きました。
そうすることで、クリアーイエローを吹いたときに、
その部分は渋いゴールドになり、メリハリも利いて、
重厚感を表現できたかなと思います。

83nano12

そして、難関の瞳です。
今回も前回のタマ姉同様、
ベースの部分にエナメル、グラデ部分とハイライトをリキテックス
という風に使い分けました。
リキテックスはエナメルと違い、修正が容易ではないんですが、
発色の良さを考えると使いたくなるんですよね。
ポージングに合わせて、力強い瞳を目指して描いてみたんですが、
なんとか自分のイメージどおりには描けたと思います。

すべての塗装が終わったら、艶の調整です。
肌と髪がつや消しです。
バリアジャケットは光沢寄りの半光沢、
メタリック系の部分は光沢、
レイジングハートやブラスタービットも光沢です。

83nano13

塗装が乾燥したら組立てです。

83nano14

パーツ数は多いのですが、
組み立てはベストと腕の取り付けに注意する他は、
問題無く組みあがります。

木製ベースには、魔方陣をプリントしたステッカーを貼りました。
クリアーのフィルムが付いた、
野外でも使用できるステッカーなので、耐久性は抜群です。
ブラスタービットはタミヤ製のソフトプラ材を使いました。
ブラスタービットとの接着部分に蛍光ピンクを吹いてます。

すべての工程が終わったら、
ベースに固定して…完成でーす!!

83nano15

苦労が報われる瞬間です!!

いやぁ~凄い迫力です。
そして、レイジングハートでかっ!!
とにかく、かっくぃーって感じです。
どんな活躍をしたのか、原作を見たくなりました。

83nano16

気泡埋め、マスキングと厳しい作業の連続ですが、
苦労をする価値のある作品だと思いますので、
ぜひぜひ、チャレンジしてみて下さい。

スポンサードリンク

|
|

« なのは 製作記Ⅰ | トップページ | ラクス・クライン アイドル服ver. »

「ガレキ製作日記」カテゴリの記事

リリカルなのは」カテゴリの記事

高町なのは」カテゴリの記事

魔法少女リリカルなのは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なのは 製作記Ⅰ | トップページ | ラクス・クライン アイドル服ver. »