« ラクス・クライン 塗装終了 | トップページ | WSC #005 伊藤乃絵美 »

アトリエ彩 ラクス・クライン 完成

スポンサードリンク

念願のラクス・クラインが完成しました。

Aslk10 

早とちりで胴体切断など、
スムーズな工程とは行きませんでしたが、
胴体切断は組み立てを容易にしてくれたので、
結果オーライな感じですし、
なにより、躍動感のあるラクスを完成できたことに、
今もーれつに感動してます!!

Aslk11 

途中、挫折しそうになり危なかったですけどね(∩。∩;)ゞ

Aslk12 

いやぁ~良くやった自分。

Aslk13 

自画自賛はこのぐらいにして、
完成までの道のりです。

Aslk14 

まずは塗装ですね。

肌は、いつもの通りガイアのサフレスクリアーブレンドです。
今はまだオレンジとピンクのセット販売ですが、
将来的には個別で販売してほしいですね。

まあ、以前はクリアーとつや消しクリアーのセットだったので、
それよりはマシですが。
(管理人は、セットされたクリアーとつや消しクリアーが大量に余ってます)

あと、もう少し色を濃くしてほしいです。
薄めることはできても濃くすることは難しいですからね。
ガイアノーツさんお願いします。

Aslk15

艦長服はガイアExブラックです。

Aslk16 

コートがめちゃめちゃ大変でした。
大きいだけでも難しいのに、
結構塗り分けがあり、マスキングも大変。
このキット最大の難関です。
コートのシャドー色ブルーバイオレットですが、
内側の方に意識的に濃く吹いてます。
その分、コートの表は白の部分を多く残してます。
メリハリですね。

Aslk17 

髪はブレンドしたピンクですが、
ガイアの蛍光ピンクを隠し味に少量入れ、
発色を良くしてます。

Aslk18 

そして、もう一つの難関、それは瞳です。
SEEDキャラは瞳に特徴があるので、
イラスト等を見てしっかり描きました。

Aslk19 

瞳の青い部分で薄い色の方は、
黒目を中心に放射状に筆を置き、
わざと筆跡を残すようにしました。
放射状のラインが微妙に残って
管理人的には満足してたりします。
画像ではちょっと分かりにくいですね。

Aslk20 

あとはまつ毛ですね。これは大変でした。
筆だけでシャープな感じを出すのは、
無理だったかもしれません。
ですが、ここでも大活躍のハイフィニッシュじゃなかった、
ガイアノーツ「フィニッシュマスター」。
そのおかげで、シャープなラインを出すことができました。
フィニッシュマスター様々です。

Aslk21 

頬のお化粧はちょっと濃い目にしてみました。
淡いブレンドピンクのパステルを乗せた後、
その中心に濃い目のピンクを乗せてみました。
もちろん最後にはつや消しクリアーでコーティングしてあります。

Aslk22 

艶の方は、肌、髪、艦長服がつや消しで、
艦長服はその上にハセガワポリマーコートで深みを出しました。
黒のつや消しは白っぽくなりがちなので、
そうならないようにしました。

コートは半光沢、靴は光沢です。

塗装が終わったら組立てです。
ここも難関です。

スカート部の組み立ても、
胴体と下半身を切り離したおかげで、
接着部分が一箇所で済み、
スムーズに組み立てができました。
まあ、わざわざする必要は無いですけどね。

両腕、頭部とここまでは順調ですが、
やはり組み立ても、大きいコート部分が難関です。

慎重に左腕の軸をコートに差込み、
次に右手をコートのミゾに慎重にはめ込む。
ちょっとキツメなのでパーツを破損しないよう、
かなり気を使いました。
まあ、なんとか無事に固定する事ができました。
エポパテでスムーズに差し込めるよう調整してたんですが、
何事も予定通りには行かないですね。

そして、ベースに立てたら、ハイ!!完成です!!

うわぁ~、予想してましたがそれ以上に大きく感じますね。
とっても元気なラクスが笑顔で見つめてくれてます。
最初にも書きましたが、なんて感動的なんでしょ。

ずっと作りたかったキットで、
しかもめちゃめちゃ難しかったことも加わって、
達成感は凄く大きいです。
成し遂げたって感じですね。

初のガンダムキャラが完成できました。
こうなると、やっぱりミーアも作ってみたいなぁ~。

スポンサードリンク

|
|

« ラクス・クライン 塗装終了 | トップページ | WSC #005 伊藤乃絵美 »

「ガレキ製作日記」カテゴリの記事

ガンダムSEED」カテゴリの記事

ガンダムSEED DESTINY」カテゴリの記事

ラクス・クライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラクス・クライン 塗装終了 | トップページ | WSC #005 伊藤乃絵美 »